ここに書くのは当ブログ管理人が実際にHORNET250に乗る中で、
スペックの数値上では語れない個人的に思ったことを書くコーナーです。

※個人的趣味、偏見とかも入るかもしれないです。

HORNET250を買おうか悩んでいる!
そんな方の参考になればと思います。

詳しいスペックとかはめんどくさいので下のURLからどうぞ
>> HORNET250 スペック(BikeBros)

管理人が愛用しているHORNET250は下のURLからどうぞ
>> 現在工事中

HORNET250 (CB250F)
HORNET250

各部位の所感、最後に総合的な感想で締めます。
※すべて純正パーツを前提に話を進めます。

【ルックス】
基本は一般的なネイキッドバイクと大して変わりませんが、
・スズメバチのような流線的でグラマラスなボディフォルム
・個性的なアップマフラー
・リッタークラス並の太いタイヤ
上記3点のおかげでリアアングルは250ccとは思えない迫力があります。
乗ると分かりますが、この特徴が他にない愛着を湧かせます。


【エンジン】
CBRの血統を受け継いだ超高回転型エンジンが搭載されていて、
レッドゾーンが16000回転(rpm)から始まり、18000rpmまでメーターに刻まれています。
気づいたらヒュンヒュン吹け上がっていくクレイジーなエンジンです。

エンジン音は電動モーターのようなヒュイーンという独特な音を出します。
カムギアトレーンという珍しいカム方式を採用しているからなのですが、
それも相まって10000rpmを超えると官能的なF1似のサウンドを奏でてくれます。

よく「低速トルクがない」「パワーがない」と叩かれますが、
2000rpm~2500rpm程度アクセルを煽れば全然発進しますし、
10000rpm付近から一気に盛り上がってくるので、
単純に街乗りでは本来のパワーが感じにくいだけと思っています。
(街乗りで比較されるのがVTRだとなおのこと)


【マフラー】
エキパイは年式によって違いますが、サイレンサーも含めごく一般的。

排気音については、音質はいいけど音量がものすごく小さいです。
上に書いたエンジン音にかき消されるほど聞こえません。
中距離走ってサイレンサーが温まると、ようやく聞こえる程度。
カバーがついているので、タンデムでも安心なのは嬉しいですね。


【ブレーキ】
フロント、リア共にシングルディスクですが、全然効きます。
NISSINのキャリパー、フローティングディスクで
ちょっとレーシーな雰囲気を出しています。


【ミッション】
若干クロス気味のミッションで、ギアチェンジの頻度が高いです。
街乗りでは他のマシンと比べてちょっと忙しくなります。
逆に言えば、常にパワーバンド付近の回転数を維持できます。
峠とか行くと、かなり早く走れる・・・かも


【乗り味・燃費】
車体自体がとても軽いので乗りやすく、取り回しもかなり楽です。
太いタイヤのおかげで安定感も抜群です。

足つきについても、シート高が低めなので良好です。
管理人は175cmあるのですが、膝を曲げて両足べったりつくことができます。

燃費は大体24~28km。大人しく走ればと30kmも夢じゃないです。
16L入るので、結構な距離を走ってくれます。

あ、シート下のスペースについてですが、
オランジーナのペットボトルが2本超ギリギリで入る程度です。


【総合的に管理人が思う所】
独特なルックス、レーシーなエンジンサウンド、
きっちり回せば400ccクラスにも食らいつくパワーとスピード、
乗っててめちゃくちゃ楽しく、足にもなる万能バイクです!
これからも壊れるまで乗り回していきたいと思わせてくれます!


【最後に】
HORNETの購入を考えているのであれば、最終型、後期型をおすすめします。
後期型以降なら確実に燃料計、ハザードスイッチが装備されています。

■管理人流 超簡単なHORNETの見分け方
 初期型の見分け方は、タンク部分に「HORNET」のロゴ
  ※HORNETロゴでも燃料計、ハザードスイッチがついてるのがあります!
 後期型の見分け方は、タンク部分に「HONDA」のロゴ
 最終型の見分け方は、後ろのグラブバーがガンメタカラー

HORNET250の生産が終了してから6年が経とうとしています。
それでもBikeBrosの人気ランキング上位に君臨しているということは
それなりの魅力がある素晴らしいバイクだということです。

わたしも今の青蜂を、無事故無傷を目指して大切に乗っていきたいと思います。
スポンサーサイト



秋の中規模アップデートきましたね!

問題のHDDバーストについては色々思うことはありますが、
私は特に被害がなかったのであまり言及はしませんけど、

今後の運営で誠意を見せてほしいですね^-^

アプデ後からの10日間は、一通りステージを出して、後はレアボス探しでした。

エンブリオ・ヴァーダー
エンブリオ・ヴァーダー

エンブリオ・ヴァーダー 侵食核付
エンブリオヴァーダー侵食核付

こいつの電撃とか噴射攻撃とか、予備動作あるけど長すぎてカウンター取りづらい。
離れればと思うけど、近接魂がそうはさせてくれない。
 ※単にカタナで卍解カウンターしたいだけ

ノーヴ・リンガーダ
ノーヴ・リンガーダ

ノーヴ・リンガーダ 侵食核付
ノーヴ・リンガーダ侵食核付

核付だと、赤通り越してドス赤いんですけど!
ただでさえ攻撃力高いのに、核付だとさらに油断できない。

基本全部4人行動だったので、危機はなかったけど、
近接ソロで高速討伐できる自信はあまりないです(・ω・;)

バルバリリーパにも遭遇はしているのですが、これは別の記事にて書きます。

んで戦利品はこちら。

アメン・ラー

あとドリルナックルねッ!(泣